眼精疲労

  • 目がとても乾く…
  • 目が充血する…
  • 目に痛みを感じる…
  • 目がごろごろする…
  • だぶって見える…

眼精疲労とは? | スポルト鍼灸整骨院 中野店

眼精疲労とは、物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じたり、視野が霞んだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態を指します。

眼疲労(疲れ目)とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を指します。

眼精疲労の症状には次のような症状があります。

目の疲れが激しい、眼が乾く、視力が落ちる(視力低下)、目が充血する、目が痛い・目の奥が痛い、肩こり、頭痛、目の痙攣(まぶたの痙攣)、眼のかすみ、吐き気・食欲不振 など

 

 

眼精疲労の原因として、特に増加しているのが目を長時間酷使することです。

近年では、スマホやパソコンで目を長時間酷使することが、眼精疲労の大きな原因と考えられています。

私たちの生活習慣は、近くの物を見ることが多い生活になってきました。近くで物を見るということは、目の焦点を合わせ続けているということです。スマホやパソコンなどを長時間見ることで、目の焦点の調整力が減少し、夜遅い時間帯になると老眼と同じような症状になる人が増化しています。

目には水晶体というカメラのレンズに当たる器官があります。目の水晶体は、近くを見るときは厚く、遠くを見るときは薄くなるように毛様体筋という筋肉により調節されています。

近くに焦点を合わせるために毛様体筋が調節を行いますが、目を酷使すると毛様体筋に負担がかかり、さらに長時間のスマホやパソコンの操作を行うことで、より負担をかけることに繋がります。これが眼精疲労の大きな原因の1つです。

眼精疲労には鍼灸治療! | スポルト鍼灸整骨院 中野店

スポルト鍼灸整骨院 中野店の鍼灸治療がその効果を発揮する症状は多々あります。

一般的には肩こりや腰痛に対する治療というイメージが強いかも知れませんが、鍼灸治療が最も効果を発揮するのは自律神経系の疾患です。

主に偏頭痛、めまい、神経痛、自律神経失調症などに効果があります。

他にも、更年期障害、生理痛、月経不順などの婦人科系の症状にも対応しており、子どもの夜尿症、小児喘息、気管支炎などにも効果があります。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 中野店の鍼灸治療の効果は、ツボに働きかける東洋中医学的効果に限らず、筋や神経などの運動器系、循環器系などの現代西洋医学的な症状にも鍼灸治療の効果があることをWHO(世界保健機関)は認めています。

つまり、鍼灸治療の効果はWHO(世界保健機関)により世界的に証明されている技術ということです。

 

 

鍼灸治療の効果と副作用は? | スポルト鍼灸整骨院 中野店

効 果

経絡上のツボに鍼を刺すことによって、体の免疫系や自律神経系に直接的に作用し、効果を発揮します。

さらに血流やリンパの流れを活性化することにより、筋肉などの軟部組織の緊張が緩むだけでなく様々な痛みを取り除きます。

鍼灸治療の作用メカニズムが現代西洋医学によって全て解明されている訳ではありませんが、その効果はWHO(世界保健機関)により多岐にわたり立証されています。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 中野店の鍼灸治療は様々な症状に対してその効果を発揮しますが、最も一般的な効果としては痛みを取り除く効果です。一般的な腰痛や肩こりの治療がその例です。

鍼の刺入による刺激によって痛みを抑制するホルモンが分泌され、さらに痛みを脳に伝達する神経を遮断する効果があり、また血流やリンパの流れを活性化することにより、体の自己免疫力や自然治癒力も向上させる働きがあります。

 

副 作 用

鍼灸治療に副作用が全くないという訳ではありません。ごく稀に副作用の症状が現れている方もいらっしゃいます。

代表的な副作用の症状としては、眠気およびダルさなどが挙げられます。

これは好転反応といわれ、体が自ら回復しようとするときに起こる「自然治癒の副産物」のようなものです。

治療を受けた後の身体的な疲れからくる症状とも捉えられますが、治療を受けたあとは車などの運転は避け、ゆっくり休養をとられることをお勧めします。

また瞑眩反応といわれ、症状が一時的に悪化する場合もあります。これは一過性のものですが、治療の過程で起こる症状として覚えておくと良いでしょう。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院総院長 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》