自律神経失調症

  • 寝ても、寝ても、寝たりない…
  • 気候の変化に体がついていけない…
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない…
  • 便秘や下痢を繰り返す…
  • 外に出ると眩しく思える…

自律神経失調症の原因は? | スポルト鍼灸整骨院 中野店

 症状が人によって違うように、その原因もまた人それぞれ違います。

自律神経のバランスを崩してしまう原因は、様々な要因が複雑にからみ合っています。

 

日常生活の乱れ

不規則な食事や夜更かし、乱れた生活習慣など、生態リズムを無視した日常生活や仕事環境が続くと、自律神経失調症に陥りやすくなります。

 

過度のストレス

職場での人間関係や長時間労働などによる社会的ストレス、お金の悩みや恋愛などの精神的ストレス、天候不順などによる環境的ストレスなど、日々の過剰ストレスが蓄積すると、自律神経失調症にかかりやすくなります。

真面目な性格

人の評価を気にしすぎる、NOと言えない、気持ちの切り替えができない、依存心が強い、感情的になりやすいなど、ストレスへの抵抗力が弱く、几帳面で神経質な性格は、自律神経失調症に陥りやすいといえます。

 

環境の変化

引越や就職・転職など、生活環境の変化、人間関係の変化など、外部環境への不適応や過剰適応のストレスから、自律神経失調症にかかるケースもあります。

 

女性ホルモンの低下

特に女性は加齢とともに、女性ホルモン(エストロジェン)が低下していきます、このホルモンバランスの変化が更年期障害を引き起こし、自律神経の機能に影響を与えます。

 

自律神経系には鍼灸治療! | スポルト鍼灸整骨院 中野店

スポルト鍼灸整骨院 中野店の鍼灸治療がその効果を発揮する症状は多々あります。

一般的には肩こりや腰痛に対する治療というイメージが強いかも知れませんが、鍼灸治療が最も効果を発揮するのは自律神経系の疾患です。

主に偏頭痛、めまい、神経痛、自律神経失調症などに効果があります。

他にも、更年期障害、生理痛、月経不順などの婦人科系の症状にも対応しており、子どもの夜尿症、小児喘息、気管支炎などにも効果があります。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 中野店の鍼灸治療の効果は、ツボに働きかける東洋中医学的効果に限らず、筋や神経などの運動器系、循環器系などの現代西洋医学的な症状にも鍼灸治療の効果があることを、WHO(世界保健機関)は認めています。

つまり、鍼灸治療の効果は、WHO(世界保健機関)により世界的に証明されている技術ということです。

 

 

鍼灸治療の効果と副作用は? | スポルト鍼灸整骨院 中野店

効 果

経絡上のツボに鍼を刺すことによって、体の免疫系や自律神経系に直接的に作用し、効果を発揮します。

さらに血流やリンパの流れを活性化することにより、筋肉などの軟部組織の緊張が緩むだけでなく、様々な痛みを取り除きます。

鍼灸治療の作用メカニズムが現代西洋医学によって全て解明されている訳ではありませんが、効果が出る仕組みについて全てが解明されているわけではありませんが、WHO(世界保健機関)などにより、多岐にわたり立証されています。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 中野店の鍼灸治療は様々な症状に対して、その効果を発揮しますが、最も一般的な効果としては、痛みを取り除く効果です。一般的な腰痛や肩こりの治療がその例です。

鍼の刺入による刺激によって、痛みを抑制するホルモンが分泌され、さらに痛みを脳に伝達する神経を遮断する効果があり、また血流やリンパの流れを活性化することにより、体の自己免疫力や自然治癒力も向上させる働きがあります。

 

副 作 用

鍼灸治療に副作用が全くないという訳ではありません。

ごく稀に副作用の症状が現れている方もいらっしゃいます。

代表的な副作用の症状としては、眠気およびダルさなどが挙げられます。

これは好転反応といわれ、体が自ら回復しようとするときに起こる「自然治癒の副産物」のようなものです。

治療を受けた後の身体的な疲れからくる症状とも捉えられますが、治療を受けたあとは、車などの運転は避け、ゆっくり休養をとられることをお勧めします。

また瞑眩反応といわれ、症状が一時的に悪化する場合もあります。これは一過性のものですが、治療の過程で起こる症状として、覚えておくと良いでしょう。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院総院長 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》